読了プレビュー2021

読み終わった本を記録として残していきます

【アドラー式子育て】家族を笑顔にしたいパパのための本/熊野英一

 

 

こんにちは。

最近、子どもが産まれたこともあり

今回は、「【アドラー式子育て】家族を笑顔にしたいパパのための本」という本を紹介していきたいと思います。

 

筆者の熊野英一さんは、

--

フランス パリ生まれ。
早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
メルセデス・ベンツ日本にて人事部門に勤務後、
米国Indiana University Kelley
School of Businessに留学(MBA/経営学修士)。
製薬企業イーライ・リリー米国本社及び日本法人を経て、
保育サービスの株式会社コティに統括部長として入社。
約60の保育施設立ち上げ・運営、ベビーシッター事業に従事。
2007年、株式会社子育て支援を創業、代表取締役に就任。
日本アドラー心理学会 正会員。

--

こんな感じのプロフィールです。

代表より皆様へ|株式会社子育て支援 Childcare&Support Inc.

 

本の内容としては、

「嫌われる勇気」を読んだことのある方は、分かると思いますが

「勇気づけ」「自己決定性(トラウマは存在しない論)」「課題の分離」など

アドラー心理学の基本的な考え方を子育てに当てはめて語られています。

 

具体的には、8人のお父さんが熊野さんへ相談し(Q&A方式)

アドラー心理学の考え方を交えながらアドバイスをしていくといった流れです。

 

私は、子どもが産まれてばかり、且つ、嫌われる勇気を読んだことがあったので

ものすごく分かりやすく、内容がすっと入ってきました。

読まれる方は、大ベストセラーの「嫌われる勇気」も合わせて読んでみると分かりやすかもしれません。

 

冒頭のアドラー心理学の考え方を紹介します。

突き詰めると、この考え方だけでも十分に救われる人も多いのではないでしょうかと私は思っています。

アドラーは、人が幸せになるためにシンプルな3条件を示しています。

 

アドラー心理学 幸せの3条件】

・自己受容

=不完全な部分を含む、ありのままの自分でもOKと思える

・他社信頼

=他社を不審な目で見ないで、無条件で信じることができる

・他社貢献

=自己犠牲を感じずに、誰かの役に立っていることを喜べる

 

この本質的でシンプルな原理原則を腹落ちするまで繰り返し実践していく

その実践の積み重ねの先に、笑顔溢れるあなたがいます。

 

といった内容です。

具体的な実践内容が知りたい場合は、ぜひ本書をチェックしてみてください。

以上、参考になれば嬉しいです!